ブルーライトアップに感謝を込めて

 

新型コロナウイルス感染者を救うため

日夜現場でご尽力くださっている

医療関係の皆様へ感謝とエールを込めて

世界各地でブルーライトアップが行われています。

 

イギリスで始まったこの感謝の

ブルーライトアップは、

イギリスの国営医療サービスである「NHS(National Health Service)」の
シンボルカラーがブルーだったためと言われています。

 

ロンドンを中心に始まると

世界各国に広がり日本でも東京タワーやスカイツリー、大阪城や通天閣、スタジアムなど各所がブルーで

染められています。

 

実はこれ以外にも

11月14日の「世界糖尿病デー」の啓発のため、

日本各地がブルーで染まったり、4月2日の「世界自閉症啓発デー」でも各地でブルーライトアップが行われていたようです。

 

青の色には、冷静、沈着、鎮静、安らぎ、落ち着き、深い愛情、などのイメージもあると言われています。

 

コロナに対する不安を抑え落ち着くこと

辛さや痛みを少しでも緩和させようと希望をもつこと

自らの危険を顧みず、患者さんへの治療を施してくださる医療従事者の方々への

深い愛と感謝、敬意を込めた色ではないでしょうか?

 

様々な情報に振り回され

不要に不安になることはなく

冷静に行動することも込められたメッセージであると捉えることもできると思います。

 

自粛が緩和されても、油断せず

新しい生活様式を創り上げていくことこそが

私たちに与えられた役割でもあるように感じます。

 

力を合わせ、心を整え

乗り越えていきましょう!