組織の色の偏りから見えるもの


「なるほど~」

「やっぱりそうですか!!」

 

コンサルティングの最中の感想です

人を色に置き換えると、組織構造が見えてきます

・誰と誰を組ませたら良いのか

・誰と誰をどう絡ませると、結果が出やすいのか

 

もちろん、その逆もあります

・この人とこの人は、合いにくい

・このペアなら、こんなことで揉める

 

私は会ったこともないのに、なぜわかるのか

 

それは、話を聞く中で「相手の性格を分析し色に置き換えている」から

 

色の性質は専門なので、熟知しているため

「合う―合わない」

「どんな点で揉める―意気投合する」

か、わかるのです(みえてくる、というと怪しい人に思われるのでこういう表現にします)(笑)

 

合いづらい環境で働くのは

その人にとっても、経営者にとっても勿体ないことなのです

 

今ある資源・人でどう組織をまわしていくか、動かしていくか

「色」がヒントになりますよ!!