職場リーダーのためのタイプ別コミュニケーション


タイプ別指導法で信頼関係を強固にする!

 

部下にどう接していいかわからない、どうすればやる気になるのかわからない。そんな職場リーダーのお悩みを解決します!

 

仕事の生産性をあげるため、効率良く業務を遂行するため大切だと言われる「信頼関係」

 

1つ1つの業務指示をしても自発的で継続的な行動には繋がりません。

良い結果を出すには、良い行動を繰り返す必要があります。

人が行動を繰り返すのは、「快」」感情を味わいたいからです。

自ら考え動き結果を出す人を育てるには、相手の感情を快にすることが重要です。それが信頼関係の構築にも繋がります。

本研修では、相手の感情を「快」にする基本となる相手の価値観をタイプ別に確認し、部下との「信頼関係」を築くコミュニケーション法を習得していただきます。「信頼関係」の本質とコミュニケーションのとり方を学び、結果を出せる強固な組織作りを目指します。

 

【受講者に提供する価値、伝えたいこと】

●日々の業務の中で、部下との意思疎通をストレスなくできるようになる

●相手に効果的な言葉をかけ、信頼関係を築けるようになる

●人により異なる価値観を知り、相手に合わせたコミュニケーション法がわかる

●部下の性格に応じた指導法がわかる

 

【想定する受講者】

管理職/リーダー(部下が数名いる方)

  


研修概要(6H)

①現状確認

・今の自分を振り返る/現在の問題を振り返る

・自分の本音とタテマエを分析

 

②コミュニケーションの本質

・コミュニケーションの重要性

・信頼関係とは

・人がやる気を出す要素

 

③タイプ診断

・5タイプの説明

・診断シートで自分のタイプを確認

・5タイプの解説

 

④多様性と相互理解

・ワーク&シェア①~怒りのポイント・価値観の違い~

・ワーク&シェア②~タイプ別褒め言葉~

 

⑤タイプ別対応法

・ワーク&シェア③~相手にとってベストな対応を考える~

・ワーク&シェア④~タイプ別NG対応・OK対応~

 

⑥部下のタイプの見極め法

 口癖や行動パターンから相手のタイプを見極める

 

⑦タイプ別指導法

 タイプ別効果的な指導法

 

⑧チーム編成

 効果を出すベストな組み合わせ

 

⑨まとめ&行動宣言

 具体的行動の発表

 

⑩質疑応答